2019/05/14
 5月12日、快晴に恵まれた建ち前の日を迎えました。大工さんやボランィア、見物人に加え、昨年の研修生の皆さんも参加し賑やかに始まりました。大引き、束などをトラックで運びます。
2019/05/09
 いくらの郷地域は、青葉、若葉の美しい季節を迎えています。昨年来、研修生のS君やY君と伐開していた山の法面を削ってもらい、大山が真正面に眺望できる絶景が誕生しました。この上の山の木にウッドデッキやツリーハウスを計画しています。
2019/04/25
連休までに生コンを打設しておきたかったので、天気予報の降水確率は高かったのですが、運を天に任せて生コン車の手配をしました。木の葉が風にあおられ、基礎穴にたくさん吹き込んでおり、最初に掃除をして掛かりました。
2019/04/18
 4月から新人のK君が入所しました。姿勢が悪いので尋ねてみると、腰が悪いとのことなので、作業の前に体操をして、身体をほぐしてから取り掛かります。...
2019/04/09
 南さいはく振興協議会から寄贈を受けた桜の苗木を、いくらの郷周辺に植栽し、景観形成を図ることとしました。新天皇即位と改元を記念し、集落への感謝の気持ちを込めて植栽しましたが、10本の桜を植えるのは案外に重労働です。環境を育てる事はその地域に住む人が、それぞれに努力する事と思います。女性スタッフと一緒に植栽しました。
2019/04/02
 卒業記念の日本ミツバチの待ち箱作りをしました。自動カンナの効果は抜群で、あっという間に仕上がりました。 I君は何をさせても手際が良く、工具を使っても上手ですから、仕事は早くきれいに仕上がります。
2019/03/31
 「春在枝頭已十分」(はるはしとうにあってすでにじゅうぶん)ー中国、宋の詩人「載益(たいえき)の探春(はるをさぐる)と題する七言絶句の結句です。...
2019/03/28
 作業の前には、作業内容を納得いくまで話し合っておきます。
2019/03/20
 主客転倒と言う言葉があります。主と客の力関係が逆転したり、重要度が逆さまになることを表す言葉ですが、研修生I君はお菓子づくりの専門学校で学んでいますから、パンやピザを焼いたりプリンを作ったりと、この分野では縦横無尽の活躍で、スタッフ一同が教えを乞うような状態となり、正に主客転倒の事態となりました。
2019/03/12
 この時期にはクロモジとか蝋梅の花が咲いて、春の訪れを告げます。クロモジは黄色な花と葉が同時に芽吹いて早春を彩りますが、クロモジ茶の原料になるなど大活躍の木です。 クロモジの樹皮は茶道で使う楊枝の材料として、葉は香水や石けん、入浴剤などの香料として使われています。また寄生性皮膚病、抗炎症作用、抗アレルギ-作用、抗菌、殺菌作用もあるそうで、お酒の飲みすぎ、暴飲暴食などで胃腸に不快感のある人にも、お勧めのお茶であるとネットで紹介されています。 いくらの郷付近にもありますが、南部町バイパス辺りから米子道の第2トンネル付近には群生しており、花は今が見ごろです。年間を通じて、ダイナミックな自然の胎動を紹介していきたいと思います。

さらに表示する